<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

子ども用チョコレート

f0203788_22332937.jpg
うちは子どもにチョコを買う機会がないので気がつかなかったのですが
ドイツには子供用チョコレートというのがあります

キオスクなんかでおばさんがわざわざ
「キンダーショコラーデはどこ?」なんて言っていて
何が違うのかな~と思っていました
今日、その子供用チョコを頂くことがあったので
よく見てみると
+Milch
-Kakao
もちろん大人も食べてもいい子供用チョコ
だから子供用チョコの方が好きという方がいることも納得

ドイツでは小さい子どもが口にする物に対しては
すごく厳しいです
この子供用チョコもそうですが
カフェインはご法度なので
子どもがコーヒーや紅茶を飲むなんて!です
日本人の麦茶を透明の入れ物なんかに入れていて与えていると
注意されたりします
(その代わりノンカフェインのルイボスティなんかが充実しています♪)

その厳しさを、思春期以降の子どもの食事にも少し注意をくわえれば・・と思うのですが
子どもの食事は大切です
もちろん

f0203788_22414743.jpg
勝手に日本的な花だなあ
と思っていたあじさい
こちらでもよく見かけます

それにしてもこの6月は寒かった!
普通に冬の上着が必要でしたから
そして日本の梅雨も顔負けの雨、雨、雨
念願!?のイチゴ狩りもまだ行けていないし

f0203788_2244653.jpg
これみたいに
砂浜でワイン!
なんて日はくるのだろうか
というか夏はくるのだろうか
[PR]
by merumemo | 2009-06-30 22:32 | ドイツなこと

ドイツの電圧

f0203788_21214496.jpg
先日帰国した知人から
譲り受けた電子ピアノ
実は続報がありました
届いたときにうれしくてすぐにコンセントを差し込んでしまった私
そのときヒューズが飛んで
鳴らないピアノ、となってしまっていたのです

電化製品にまつわるドカン!は色々聞いていました
せっかく日本から持ってきたプリンターが煙をあげて
予備に持ってきたインクまで無駄になった話
ホットカーペットがただのカーペットになった話・・

一瞬
ピアノほど大きなゴミを作ってしまったのかと
事の大きさにびびりまくっていた私

しかしいろんな人の知恵を借りて
無事復旧
日本のメーカーにまで問い合わせてくださった方
電気の知識を授けてくださった方
そして夜中に作業してくれた夫ありがとう!

電子ピアノには落雷用に
(私がしたことは落雷並だったのね!)
本体にもヒューズがついていて
それを取り替えれば治るということ
ドイツは200Vのヒューズしか売っていないけれど
電流なので100Vのところに200Vでも流れれば大丈夫だということ

おかげさまで
無事音の鳴る、普通のピアノになりました

このように大きな電化製品は必ず変圧器を通さないといけないとのこと
だってパソコンは大丈夫やん・・って言うと
パソコンはコンセントの近くのボックスが変圧器になっているそうです
大きな代償を払いかけましたけれど
ちゃんと学習しました
何を?
新しい電化製品は必ず夫の帰りを待ってから使うこと!とね
[PR]
by merumemo | 2009-06-29 21:19 | 毎日のこと

ハンブルグ大学日本学科

f0203788_417984.jpg
ハンブルグ大学に連れて行ってもらってきました♪
学食を食べに?
いえいえ
古くからの貿易港という土地柄のためか
ドイツ国内でも屈指というハンブルグ大学の
日本学の図書館を見てきました

それにしても開かれすぎている大学
都会の1等地にあって
ほんと誰でも気軽に立ち寄れます
で、図書館も驚くほど自由に出入り出来ます
本の持ち出しだけ厳重になっているだけで
いいの?というくらい入るには自由です

f0203788_4214218.jpg
入り口近くには
姉妹都市大阪の案内も

f0203788_4232119.jpg
ドイツ語や英語で
日本のことを書いてある文献の他には
こちらでは「原書」となるのでしょうか
驚くほど日本語の文献が充実しています
ざっと見渡しただけでも国文科だった私の学生生活でも
困らないほどの蔵書です


f0203788_427469.jpg
ちょっと笑えるのは
これは日本の大学図書館には無いかな

そしてもう少し笑えるのは
f0203788_4281950.jpg
日本の警察の組織を解説したような本の中に
こんなのが並んでいたこと
それでも日本人の私が見て
違和感のない陳列に実力を感じます

こちらの大学はきちんと日本の古典もたたき込まれるとのこと
(それでドロップアウトする人も多いらしいですが)


f0203788_4321756.jpg
こちらの学生さんの
必携?!の本らしいです
状況別にドイツ語と日本語がアルファベットで
併記してあります
あれ?これって
ドイツ人だけでなく私に必要な本かも!?

そして学食も開かれすぎている大学♪
f0203788_4353331.jpg
誰でも自由に格安で食べられます
アジア料理の特集みたいで
漢字がいっぱいでした♪

写真を忘れたのですが
ご飯の上にトンカツみたいなのと
野菜とポテトが山盛り!の定食みたいなのに
飲み物をつけて
5オイロでおつりがきます♪
安くてうれしい♪

なのですが
最近、ふとドイツの物価、高い?ということに気づいてきました
(計算が弱くて基本1ユーロ100円で計算しているから
 気がつかない生活を送ってしまっています)

5オイロも安い~♪と喜びましたが×140円だと
学食としては安くないですよね?
そして目下の問題は息子たちの幼稚園の費用
全額負担だと一人毎月800オイロ!×140円だと・・・!!
いろいろ軽減される手はあるみたいなのですが
手続きがワカラナイ・・
[PR]
by merumemo | 2009-06-27 04:14 | ハンブルグ案内

「小さなジョセフィーン」

先日ご紹介したスウェーデンのマリア・グリーペの
「北国の虹ものがたり」シリーズの
「小さなジョセフィーン」
「ヒューゴとジョセフィーン」
そして
「森の子ヒューゴ」ですが
久しぶりに心から楽しめる本でした
ほんと興奮して寝つけなくなるくらい!

f0203788_17502537.jpg
このかわいいジョセフィーンの挿絵はグリーペの夫が描いたものらしいです
日本文学の身びいきですが
最近欧米の児童文学にふれるにつれて
子どもたちへのまなざしのあたたかさ、深さは
及ばないな~と感じさせられています

それは社会の子どもへのまなざしと比例するのかもしれません

このお話も40年前に書かれたものですが
まったく古びず、
子どもの世界ってこういうものだった!と
わくわくしながら思い出させてくれる物語でした

そしてあまりに子どもたちの取り巻く世界を楽しく上手に表現してくれています

私は子どもたちはもちろん
子どもに接するすべての大人たち、親、学校の先生!
みんなに是非読んでもらいたいお話です♪

f0203788_17514855.jpg
なのにこの素晴らしい本を調べてみますと
すでに廃刊になっていました
[PR]
by merumemo | 2009-06-26 17:48 | 小学校のむすめのこと

Altonale3

今年のAltonaleはこのパレードでおしまい♪
f0203788_16123295.jpg

パレードは
ほとんど神戸祭りみたいか感じですが
こちらの方がなりきりぶりがすごい!
って感じでしょうか


f0203788_16154447.jpg
f0203788_16161456.jpg
f0203788_1616416.jpg
子どもに優しい国♪
子どもたちはいっぱいパレードの人たちから
飴やカードをもらって大喜びです♪
お菓子をくれるならこれくらいの仮装の人も怖くない!?


ほんとは演劇や音楽なんかをたくさん上演していたのですが
そういったものには行けず
あとは楽しくAntik-und Flohmarkt♪
のみの市好きなドイツ人
こっちの方がにぎわっていたりして~
f0203788_16293959.jpg
f0203788_1630765.jpg
f0203788_16303713.jpg


f0203788_16311147.jpg
f0203788_16315175.jpg

[PR]
by merumemo | 2009-06-26 16:03 | ハンブルグ案内

Altonale2

ふふふアルトナのお祭りまた行ってきました
16日間のお祭りこの週末がクライマックスです♪

市役所横の広場が中世のテーマパーク?
f0203788_32554.jpg
日本でいうと時代劇に扮した感じでしょうか?
けっこうみんななりきり(過ぎている)感じです♪

で、この回転木馬ならぬ木牛?
木ロバ?イノシシ?
ですが
お金を払って、
子どもを乗せて、
そしてハンドルを自分でくるくる回して
自分たちで動かす・・ものでした
これも時代だから?
桶に入っていた娘たちは
コーヒーカップならぬ桶も
自分で回すものでした
楽しかったみたいですけれど



f0203788_393220.jpg
f0203788_3101691.jpg
f0203788_382329.jpg


f0203788_3232136.jpg
f0203788_323499.jpg
f0203788_3241370.jpg
f0203788_327199.jpg


f0203788_329149.jpg
f0203788_3293052.jpg

この濁酒?みたいなお酒
最初飲ませてもらったときは甘くて美味しかったのですが
次々出してもらうと
!!!
なんか知らないけれど強くなってきた!


f0203788_3304774.jpg
f0203788_3311182.jpg
こういう素朴な陶器をよく見かけます
これがけっこうかわいい
こんな大皿になにか盛ってもかわいいかも!
それにしても地面に並べてあります






そして肝心の?ゴミ収集車はどこかしら
と思っていると
f0203788_1420961.jpg
ふふふ
巨大ゴミ箱のバルーンですから
こちらです♪
f0203788_14204161.jpg
ゴミ収集車に乗せてもらって
アルトナからフィッシュマルクトまでのドライブです♪
それにしても中は
大人4人がらくらく乗れる広さに
ドアは自動ドアです
ドイツの先進国ぶりはこのゴミ収集車が一番感じたりして
このゴミの回収の仕組みだとカラス問題も皆無ですし
なによりもゴミ収集は子どもたちの憧れ!


アルトナーレは明日パレードです
ドイツ人のなりきりぶり♪
見に行ってきます!
[PR]
by merumemo | 2009-06-25 02:58 | ハンブルグ案内

ドイツの自動販売機

f0203788_5181427.jpg
これは何でしょう?
電話ボックスの横にある
ドイツの自動販売機です♪
日本にあって
ドイツにないものの一つが自動販売機ですが
こんなのはたまに置いてあります
相当年季が入っていますが・・

こんなのでも不思議ですね
子どもには魅力的に映るようです
「20セントあればな~これが買えるのにな~」なんて言っています

そんなところに救世主!
f0203788_5223696.jpg
子どもたちが眺めていたら
コインを入れてくれるおじさんが
現れました!
いつもいい子にしている子たちにプレゼントだよって
(本当!?)
お金を入れてぐるっと回すのはガチャポンに似ているかもしれません
でもプラスチックのケースは無くて
そのまま中身が入っていました

f0203788_5251411.jpg
その中身はでかくて固い
ラムネ飴?
とにかく大きくて2才が口に入れると窒息してしまいそうな
危険な大きさでした

それでも大喜び!
おじさんありがとう!




今日の本は
f0203788_5292093.jpg
ドイツの夏目漱石?
ケストナーの「エーミールと探偵たち」
ほんとに出てくる人が
いい人ばかりで読後感があったかいです
娘もはまっています

それにしても1928年に書かれた本を
同じように
21世紀の子どもたちが楽しめるのは幸せです
でも訳者さん
ラートハウスやディンスタッグとかドイツをそのままカタカナで表すのって
ちょっとわかりにくいかも
[PR]
by merumemo | 2009-06-24 05:14 | ドイツなこと

「子どもが孤独でいる時間」

f0203788_1752121.jpg
「子どもが孤独(ひとり)でいる時間(とき)」
松岡享子さんが
アメリカのエリーズ・ボールディングという方の
宗教向けの冊子を
私たちのために?紹介してくださった本です

孤独 Solitudeー独り居(ひとりい)
なんと美しいことばではありませんか?
もし私たちが無礼にも子どもたちから
ひとりでいる機会を奪い取ってしまったら
子どもたちはうちに秘めている宝や
外で得る経験をどうやって生かすことができるでしょう?

有名人の子ども時代を研究した夫妻は
創造的力量を熟成させる上で、子ども時代に「タイムアウト」をとることが
いかに重要であったかを指摘しています
これらのタイムアウトは、病気、家庭の危機、へんぴな土地への移転等の結果もたらされたものです
しかし理由は何であれ、とにかく決まり切った日常に急激な変化が起き、
かなりの時間、自分の考えや判断で何とかやっていかなくてはならない状況に放り込まれたことは、
のちになってみると、
自分たちの内面的発達に特別重要な一時期であったと
当人たちによって記録されているのです

そのある意味「タイムアウト」中かもしれない我が家の娘
本の世界にはまりまくっています
f0203788_1893038.jpg
その小学3年生の娘
一押しの本!
「小さなジョセフィーン」
「ヒューゴとジョセフィーン」です
お母さんも絶対読んで!の本だそうです

これはスウェーデンの作家マリア・グリーペのものです
この本に限らず
ヨーロッパの作家のものがこちらで読むと
すとんと腑に落ちる、ということが少なくありません
気候や風習、学校制度のせいかもしれないのですが
[PR]
by merumemo | 2009-06-23 17:47 | 小学校のむすめのこと

3日目

f0203788_16115590.jpg
実はもうこの工事にかかってから3日目なんですけれど
冬の必需品のドイツの暖房の掃除をしてくれています
初日に暖房を外して、
中を掃除してくれて
なかから真っ黒いきったな~い水が出てきました
2日目終わりかとおもいきや
暖房をつけていた壁を補強?してくれていて
ペンキを塗り始めました
で、今日は3日目
まだペンキを塗っています

果たして、終わるのかしら?

最初の日こそ約束の10時からの工事だったのですが
2日目からは朝7時半から出勤♪
おじさんたちラジオを持ち込んで(くれて)楽しそうに仕事をしていますけれど~
しかも初日に我が家はコーヒーサービスをしてしまったので
おじさんたちの休憩所のようになってしまった
まあいいんだけれど
おじさんの聞いているラジオ私もすっかり気に入ってしまった
もう3日目だし・・
ラジオ買おうかな?

f0203788_17374645.jpg
悪天候とこの工事で
もう何度目になるか・・
のイチゴ狩りの順延です
この天候のせいで今年はいちごもちょっぴりお高めだそうな





f0203788_16204499.jpg
帰国する知人から引き継いだ薔薇
せっかく咲いてくれたのに
アブラムシがいっぱいついてる
息子の大好きなテントウムシの本によると
テントウムシの幼虫は1日にアブラムシを50匹食べるらしい
そこで幼虫を捕まえてきて
とりあえず食べてもらうことにしました
[PR]
by merumemo | 2009-06-22 16:10 | ドイツなこと

日本学

日本のことが大好きな知り合いが居るから
是非紹介したい!
と、言ってくださってした予定が今月は実は2つあるんです♪

で、今日はその1回目
いくら日本好きと言ったって~
ドイツ人夫婦のお宅だから・・とちゃんと辞書を持って出かけました

ところがもう入り口でずっこけ!というか
笑ってしまうくらい
ドイツなご自分の名前を日本語に訳して漢字で表札があるではありませんか!
と、いうか日本語の表札しか無いのですけれど~
郵便やさんも困っていると言っていましたが

f0203788_5135495.jpgもちろん靴を脱ぐ暮らしで
毎日ご飯をちゃんと炊いて
お子ちゃまたちにも日本語名で名前を呼ぶ
日本語をきちんと勉強させている
素晴らしい!
そして私もこんなに美味しく煎れられないよ、というくらい
美味しいお煎茶を煎れてくださる
f0203788_1743043.jpg





高校で日本語を少し勉強して
そこではまってしまって
大学でも日本学を専攻して
20年以上
かわいくて美味しくて優しい国!ニッポン!だそうです


f0203788_5195553.jpgお土産にはコレ
ほんと喜ばれます♪
100円均一のものなんですけれど
紙飛行機とか船とかいろんなシリーズがあって
飛行機や船の柄と折り線があらかじめ印刷してあって
紙飛行機はほんとよく飛ぶし
船は実際にお風呂とかに浮かべられるんです♪

我が家の在庫が切れてしまいました
どなたか送っていただいてもいいでしょうか?
[PR]
by merumemo | 2009-06-21 05:05 | ドイツなこと