<   2010年 03月 ( 48 )   > この月の画像一覧

薪パン

f0203788_224635.jpg
イースター直前の日
森の幼稚園でもイースターの飾り付け♪
f0203788_2272161.jpg
クリスマスの時同様
保護者達からのプレゼントも一緒に窓辺に並べます
クリスマスにはワインなんかもありましたが
今回は手作りが多い感じ
こちらはアンナママの手作り石鹸とジャム
ちょうどタイミングよくその場に居たので私もひとつもらえちゃいました♪

イースターに向けては
飾りのために苔を集めて
薪も今週ずっと集めていました
なにかな?と思っていたら
今日、朝からパンをこねて
棒の先にくるっと巻いて
薪の火であぶって食べる薪パン♪
楽しいイベントには美味しい記憶が残ります

そしていつもバスで一緒のおばさまからも
f0203788_2422137.jpg
かわいいイースターチョコのプレゼント
ありがとうございます
f0203788_247662.jpg
帰りのバスでよくお会いする
車いすのメルシーおじさんからは
こちらの小さなイースターの絵本
メルシー♪

イースター楽しみ気分はこんなにいっぱい♪♪
f0203788_249690.jpg



□追加□
ペラペラとめくっていた雑誌にこの薪パンのレシピがありました♪
作り方はこの通り
ドイツですのですごい分量ですが
キャンプなんかでは楽しいと思いますよ
f0203788_482979.jpg

[PR]
by merumemo | 2010-03-31 02:22 | 森の幼稚園だったムスコたち

薪ストーブ

f0203788_9394535.jpg
イースターバニーさんたちに導かれて入ったお店は
f0203788_9411479.jpg
なんともかわいらしい♪
そしてお店のおばさんは話をしながら
丸めたゴミをポイっとは
f0203788_9422552.jpg
うわ~薪ストーブだ!
しかも憧れの調理台付き!!
やっぱり薪ストーブはローラやアンの世界みたいに
その上で調理できないと!
なのにシンプルでとってもかわいい!!
私が大絶賛するとまたおばさんはゴミをポイっと
日本だったらストーブを痛ませないために燃料に気を使うけれど
そんなポイポイゴミを捨てられる使い方ができるなんて
・・・ずぼらな人には理想的!!

めっちゃ欲しい~
日本で住むところも家を建てられる予定もないけれど
人生の目標のために買っておきたいくらい

まあ大きな買い物よりも
目先のイースターで癒されましょう
f0203788_9492830.jpg
f0203788_9495897.jpg
f0203788_9502010.jpg
f0203788_9504083.jpg

[PR]
by merumemo | 2010-03-30 09:38 | 毎日のこと

海賊ごっこ

これはなんでしょう?
f0203788_4211848.jpg
動物園のえさではないですよ!
ドイツの幼稚園の息子たちの10時のおやつです♪
このえさ?!に大喜びで集まってくる子どもたちってほんとうにいい子!って思えます
やっぱり動物園状態かなあ
生のニンジン、生の大根、生のキュウリ(なぜかキュウリだけ皮をむくドイツ人!)
そして生のパプリカ!
大好きです
いっぱいぼりぼり食べて
子どものおやつって本来これでいいのでしょうね

そんな子供たちの今の遊びは
f0203788_426564.jpg
海賊ごっこ!
f0203788_4264143.jpg
彼の海岸で拾ってきたこの枝はみんなの羨望の的!なんですが
彼がいないときもこれは彼のものだから、とみんな大切にしています
これが銃になったり、ハンマーになったりといろいろ活躍するのですが
ドイツの子どもたち
銃で撃ってくる時
「ぽん!ぽん!ぽん!」って
なんか拍子抜けするくらい迫力ないのですけれど~?
f0203788_4324526.jpg
日本の幼稚園の時にも感じましたが
教えられなくても自然に「たたかいごっこ」を始める男の子たち
歴史と世界を動かしているのがその男の子たちでなければ
歴史も世界も変わってくるのでは、と思います
[PR]
by merumemo | 2010-03-29 04:19 | 森の幼稚園だったムスコたち

水中、カメラ

とても小さな話です

1月に水没した私のデジカメ(事件はこちら
すっかり子どものおもちゃと化していたのですが
おもちゃでも電源が入った方がよかろうと充電してみると、
何と!復活している上に
f0203788_458418.jpg
いきなり出た画面が
水中って・・
モードの案内の様なのですが
水中を泳いだカメラにこんなネタを仕込んでいるなんて!
日本メーカーおちゃめやん
ちょっと笑えた日曜日でした
[PR]
by merumemo | 2010-03-28 20:54 | 毎日のこと

いま、島で

菜の花とはよくいったものだ
ふつう菜の花といえばアブラナの花をさすのだが、
こうしていろいろな葉菜類が花をつけてみると、みんな文字通り菜の花なのである
f0203788_1517351.jpg

灰谷健次郎さんが淡路島に小さな家を建てお百姓くらしをしているなかで
考えたこと、思いつめたこと、教えられてことを書いているエッセーなのですが
もう30年近く前に彼の叫んでいる警笛が
まったく変わらず21世紀にはさらにもう警報状態でひどくなっています

でも自然とともに暮らすというのは地に足のついた生活をするということで
あらためて私たちのこころに響きます

そして私にはなによりも「ふるさとの訛りなつかし」で
灰谷さんの神戸訛りがほんとに心地よいです

自給自足の精神は、自然からものを学ぶということである
人間は自然との関係をぬきにして生きることはできに
しかしそれは都会にあってはともすれば忘れさられる

都会に住むひとりの主婦が自給自足の意思を持って、
化学調味料の使用をやめ、
切り身で買っていた魚を丸ごとかって調理するようになり、
ひいては無農薬野菜を買い調えるようになれば、
そこから学ぶことは無限に広がっているはずである

淡路島の断食道場の記事もあり
珍しく自分の読んだ本を夫にも勧めて
日本に帰ったら行ってみよう!と思っています
f0203788_15364535.jpg

そのふるさとから今日友達家族がやってきてくれます
f0203788_15371286.jpg

菜の花畑に会えなかったので
こちらで
[PR]
by merumemo | 2010-03-28 15:09 | 毎日のこと

日本最大のお祭り?!

先週ちょうど日本では春分の日の祝日の朝
幼稚園の先生から「今日は日本は祝日だろ、何の日だ?」と聞かれました
うーん春分の日ってどうやって説明するのかしら?
昼と夜が半分半分の日だから、お休み?
記念日でも宗教的でもない祝日なんて・・・彼には理解できなかったみたい
(私の説明が悪いのか?)
前回は建国記念日を説明せよと言われて、それもできなかった

というのも彼の出勤中の車のラジオで世界の祝日の話があるらしいです
私たちがいることで日本に関心を持ってくれるのはとってもうれしい
でも次の課題はなんだろ?

で、そのあともう一人の先生が意気込んで
「今週は日本ではとっても大きなお祭りがあるだろ!なんだ?」って聞かれて
???
さっぱりわかりませんでした
お彼岸のお墓参りはそんなに大きなお祭りか?
しかもそれをドイツ語でも英語でも説明できません!私
腑に落ちなかったら
その先生が得意げに新聞の記事を持ってきてくれました
f0203788_4193771.jpg
日本では桜の花が日本中に感染?していますって
うーん感染するんだ
そうかもね拡がっていくし
お祭りと言うのはお花見のことみたいで紹介されていました
他にも、さーくらーさーくらー♪の歌や東京都に何本桜があって桜1本あたりどれだけの都民かとか
f0203788_4242457.jpg
キクシダレにシロフゲンにフクバナ?
これが日本の桜の名前だ!って
うーんなんだ?桜の種類なんてありすぎて・・分からない上に
日本に行ったドイツの人はフクバナを見ないと満足しなかったらどうしましょう
f0203788_428144.jpg
日本の桜はとってもとっても素晴らしいんだよ!って力説したら
エルベの川の向こうのリンゴ畑も5月になったらリンゴの花でいっぱいだよ!
って
うーんりんごの花で張り合う気だな
ほんとに桜はすごいよ!って言ったら
かならずリンゴの花を見に行くように言われました
行きますけど・・・ね?
日本のみなさんは最大のお祭り?お花見をどうぞお楽しみくださいませ
こちらの桜はあと1カ月くらい先かな
[PR]
by merumemo | 2010-03-28 04:11 | 森の幼稚園だったムスコたち

「町かどの ジム」

絵本を読む暮らしの中で
松岡享子さんのお仕事にはもう感服させられています
そんな彼女の最初に翻訳した童話がこの
f0203788_154582.jpg
エリノア=ファージョンの「町かどのジム」だそうです
息子と楽しくミカン箱の上のジムのお話を読みました
70年近く前のジムの昔話
そしてあたらしい版では同じイギリスのアーディゾーニの挿絵が加えられています
海と船のお話は
うちの子たちが好きで好きでたまらないそのアーディゾーニのチムのシリーズ!
こちらはシリーズの1作目「チムとゆうかんなせんちょうさん」から
f0203788_15525885.jpg
チムぼうやが住んでいた海岸のいえ
なんかブランケネーゼの景色に似ている感じ
ブランケネーゼも歴代の船長さんが住んでいた海の(正確には川の)町です
作者が5歳の息子のために描いた物語に
うちの5歳の息子も海の旅をしています

「やあ、ぼうず、こっちへ こい。
なくんじゃない、
いさましくしろよ。
わしたちは、うみのもくずと きえるんじゃ。
なみだなんかは やくにたたんぞ。」

そのブランケネーゼの森の幼稚園には100年以上前の
ジムと同じ
小鳥のためにココナッツの実をぶらさげています
f0203788_1685664.jpg

[PR]
by merumemo | 2010-03-27 15:41 | 森の幼稚園だったムスコたち

おさるのジョージ

近くでやっていたフローマルクトで
とってもかわいいお姉さんから買いました
f0203788_14393948.jpg
ドイツ語版
「おさるのジョージ」
あれれ?なんでジョージがCocoなんでしょう?
日本でも「ひとまねこざる」から新しい訳になった時
「じょーじ」から「ジョージ」になりましたが
それはもちろんジョージだからいいのですけれど
近所の人に見せると「ああCocoね!」って言っていたから
ドイツでは、というかジョージの作者夫妻の故郷ハンブルグではCocoなんだ!
そして幼稚園にもCocoちゃんって女の子がいて
かわいい名前だから「Cocoシャネルね!」って言ったのに実はおさるのジョージだったのかもしれない

f0203788_14594020.jpg

さてこの作者のご夫婦はハンブルグが生んだのですが
折しも第二次世界大戦のとき
ユダヤ人である彼らは世界を変遷します
そしてアメリカでたくさんの作品を出版するのですが
そのなかでも可愛い絵本は
『どうながのプレッツェル』
プレッツェルって名前がドイツらしいですね
[PR]
by merumemo | 2010-03-27 14:37 | ハンブルグ案内

自転車の空気入れ

先週くらいまでダウンをきていたのに
いきなり一気に来るドイツの春
f0203788_14453264.jpg
今日はこんな感じ
そして晴れると
みんな揃って太陽を求めてテラスへ
そして晴れると
f0203788_1447179.jpg

みんな揃って自転車出動♪
雪が降ったらみんな揃って木製そり出動♪でしたし
みんな揃って感は日本よりドイツの方が強いかも
天候の厳しさのためかもしれません

さて久々に自転車!となると困るのがタイヤの空気
空気入れのあるガソリンスタンドでは行列ができていましたもの
そしてドイツの自転車にはだいたい簡易の空気入れが自転車についているので
空気入れ貸して、というとみんな自転車から取ってくれます

ところが困ったのが
小さい息子用のペダルのない小さい自転車の空気入れ
f0203788_14555664.jpg

近所の人に空気入れを貸して~というといろんなタイプの空気入れが3つも出てきましたが
(さすが自転車王国!)
どれも合わなくて空気が入れなくてしばらくお預けと言う状態が続きました
f0203788_1458245.jpg
ようやく
こんな空気入れに
f0203788_14585356.jpg
アタッチメントをつけて
やっと空気を入れることができました

それにしてもドイツの自転車
我が家には4台自転車ありますが空気入れの口が3種類もタイプが違いました
とほほ
f0203788_1515095.jpg

ハンブルグのクロッカスはもう少し終わりかけ
立ち枯れみたいにしおれ始めました
ほんと開花時期の短い花ですね
[PR]
by merumemo | 2010-03-26 14:43 | 森の幼稚園だったムスコたち

イースター卵作り

お店にはイースター卵作りキットがいっぱい並んでいるのに
何をどうしたらいいのかもわからなくて手を出せませんでした
f0203788_8111512.jpg
でもみんなでイースター卵を作りましょう♪をしてくださったのではじめて作ってみました
f0203788_8131238.jpg
いろいろ材料をそろえてもらって
ドイツのみなさんはゆで卵で作って
2週間3週間過ぎたゆで卵を終わった後食べてしまうらしいのですが
わたしたちはそんな変色したゆで卵を食べる勇気はございませんので
f0203788_8153889.jpg
生卵の中身を抜くのには
こんなアイデアグッズが
昔は穴をあけて息で空気を入れて抜いたりしていたそうなのですが
これだと簡単、便利
穴をあけて付属のスポイドで穴から空気を入れるとおもしろいように卵の中身が出てきます
中身が出終わったらそのスポイドに水をいれて中を洗うという
(この器具のおかげで卵に穴をあけるときに失敗もありましたが)
うまく中身抜き成功!

f0203788_8222757.jpg
一番簡単に、しかも卵を割れにくくデコレーションするのは
この輪になったシールを
f0203788_82477.jpg
卵の中に通して
熱湯の中に入れると
あら簡単かわいい柄イースターエッグになります
これはビニールでコーティングしていることになって割れにくいので
庭に卵を隠したりする際にもお勧めだそうです
f0203788_14253254.jpg
卵に色を付けるのはいろいろ市販されています
お湯または水でタブレットになっている染料を溶いて
f0203788_14305173.jpg

卵を沈めます
中身をぬいた卵は浮いてきますのでこうやって沈めてやるときれいに染まります
f0203788_14332333.jpg
その前に卵にシールを貼っているとこんなかわいい染め抜きに
これも簡単で楽しい♪
そしてこの染めたところをカッターで削るという芸術作品もありました♪

それにしてもセンスのある人が作ると手作りもすごい!です
f0203788_14355716.jpg

ほら
f0203788_14365813.jpg

そして
f0203788_14373676.jpg


私は、簡単コースで
でも楽しいイースター卵作りでした♪
[PR]
by merumemo | 2010-03-26 08:09 | ドイツなこと