<   2010年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

「ふうちゃん」が吐いた

幼稚園にケーキを届けた後はもう
いつものカフェに直行!
(だって家に帰ると片付けが山積みなんですもの)
f0203788_1843304.jpg

ようやく落ち着いた時間
手にしたのは
f0203788_1845597.jpg

灰谷健次郎さんの「太陽の子」
本を手にするってなにかの導き?みたいなのが必ずあると思います
今回もたまたま手にしたこの1冊に
ちょうど私が欲しかった答えがありました

娘がアンネの日記を読んだことから
せっかくの機会なのでドイツの戦争の跡を知る旅をしよう、という気持ちになって
来月にはアンネフランクがなくなった収容所の跡に行くつもりです

その施設に一緒に行く予定の娘の同級生のお母様は
自分の子どもにはまだ早いので子どもは入らせない、という
私にはそういう考えがなかったので
ふと、では我が家は?と考えてしまいました
f0203788_18581299.jpg

「ふうちゃん、沖縄を知るということは
ただ沖縄を知るというだけの話やない
沖縄を知るためには、ずいぶん悲しい思いをしなくてはならないし
怖いことにも耐えなくてはならんのや

何もかも知るにしてはふうちゃんはまだちいさすぎるのや」

でも知りたい小学6年生の「ふうちゃん」は沖縄の集団自決の写真を見て
吐いてしまいます

「知らなくてはならないことを、
知らないで過ごしてしまうような勇気のない人間に、
わたしはなりたくありません
そんなひきょうな人間になりたくありません」

娘はこの本を寝る前と、朝起きてと2回読んでいます
さてどうしましょうか
[PR]
by merumemo | 2010-05-31 18:42 | 小学校のむすめのこと

1kgのバター

さてさて誕生日、誕生会が終わって楽しかった~疲れた~~のあとも
まだまだ仕事があるドイツの誕生日
翌日の幼稚園に持っていくケーキを焼かなければいけません!
f0203788_9262967.jpg

2日間で使ったバターは1kg以上!
f0203788_928662.jpg

で、あまり得意でない型抜きクッキーなんかもしてしまって
そのうち300gのバターで作った失敗クッキーはすべて私の間食として完食しましたので
それも恐ろしい話です

幼稚園の朝
先生に昨日の誕生会のこと報告して
子どもたちの注意をひきつけるために?私が庭をぐるぐると走り回った話なんかをすると
笑いすぎだよ、っていうくらい笑っていました
それにしても毎日あのエネルギーいっぱいの子どもたちと一緒にいる先生方は
もうすごい!です
ほんとに大きな仕事をされています!!

そして子ども用ナイフの家庭での取り扱いの注意をいっぱいしてくださって
なんで誕生日に与えたことを知っているのかな~なんて思っていたら
なんと幼稚園からプレゼントをしてくださるつもりだったとのこと!
で、もう与えてしまったことを伝えると
ナイフを2本は危ないから幼稚園のプレゼントは別のものにしてくださるって

息子のナイフに対する丁寧な扱いと使い方を見て
森の幼稚園に入れていただいて今、目に見える一番の成果は
ナイフに対する正しい心構えと使い方を身につけたことかな~なんて思えます
f0203788_937931.jpg

誕生会でのプレゼントをあけるとき
ズボンのポケットからさっとナイフを出して使いこなした姿は
ちょっとかっこよくて母びっくりでした

f0203788_10181271.jpg
レターボックスにも小さなプレゼント♪Danke♪
[PR]
by merumemo | 2010-05-31 09:23 | 森の幼稚園だった子どもたち

外国人

はじめてのドイツの友達を迎えての誕生会は
出来ることをしよう、
私たちの普通でいこう、と思いました
頑張ってドイツに合わせるよりもせっかく来てもらうのだから
ドイツで暮らすいつもの私たちでいこうと
f0203788_2472248.jpg

用意した食べ物もおやつも日本風
飲み物は水と麦茶を
「なに飲む?」って私が聞いて我が子が麦茶を選んだドイツママはうしろで拍手していました(笑)
(うしろで息子は彼に「これリンゴジュースじゃないよ、大丈夫?」なんて言っていましたが)
そして用意したSUSHIもおむすびも完食!
おむすびは不思議なもの(ふりかけや海苔)を加えるとドイツの子は怖がる?から
シンプルな塩むすびにしました
幼稚園の子たちは毎日うちの息子が食べているのをみているので警戒心が低いかもしれません
f0203788_25226.jpg

お迎えに来てくれたパパさんたちにも
とっておきの玉露いれちゃいました!
私たちはこれが一番なの、飲んでみてって
(でもコップが足りなかったので入れたのはエスプレッソカップ!)

そんな中残ってくれて混乱している私を助けてくれたGは
ドイツ語も英語も得意だけれど彼女の母国語はスパニッシュ
だから外国人である私たちに優しいのかなあ
f0203788_342296.jpg
わざわざ電話をかけてきてくれて
ご主人とともにお花を抱えて私たちを手伝ってくれました
そのご主人はわざわざ日本語の簡単な挨拶を覚えてきてくれたんですよ
気遣いがとってうれしい

そしてこれは冗談ですが
私が夫に訳してね!って早口でまくしたてた日本語
夫もわからない~って言ったのに間で聞いていた彼女は
「私はわかったわ」って
いつも不可思議なドイツ語混じりの英語を想像力で理解してくれているので
さもありなんかと

そんなみなさんに支えられてのドイツ生活
お別れしないといけないのがほんとに残念です
[PR]
by merumemo | 2010-05-30 01:31 | 森の幼稚園だった子どもたち

幼稚園の子どもの誕生会

日曜日、午後2時から
息子の幼稚園の友達を集めて誕生会をしました♪
f0203788_1154453.jpg
あまりにも、怒涛の、3時間で
私、写真を撮ることもほとんど出来ませんでした
大人は私たち夫婦と手伝いを申し出てくれた2人で4人
それに複数のパパさんたちが出たり入ったりして助けてくれて
f0203788_141639.jpg
大人はいっぱいいた感じがしたのに・・・大変でした!!
あまりにもの大騒ぎでしたので
f0203788_1403549.jpg
私、ついには友達から差し入れてもらった風船の山を持って
中庭をぐるぐる走り回り、子どもたちに追いかけられる、というほど頑張りました(笑)
気分は20周くらいまわった感じ
f0203788_1415257.jpg
最後はつかまって
みんなに風船をむしり取られて
でも緑の芝生の上に赤と白の風船がいっぱいに拡がった景色は
ずっと私の心の中に残る感じがします
(写真はないけどね)

それにしてもこの会を助けてくれた娘の同級生!!
彼女はドイツ語も日本語もバッチリ!なので
小さな子どもたちの通訳を手伝ってもらおうかな~くらいに思っていたのですが
もう、けして語学だけでない彼女の能力に感動してしまいました
f0203788_1464877.jpg
(私が庭を走る決意をするほど?)まとまりのない子どもたちを統率し、
彼女が思う「ドイツ流のお誕生会」でやらないといけないこと、を
小さな子どもたち相手に全部やってのけました
すっごーい!!!!!
・ペットボトルをまわしてプレゼントを贈る
・宝探しをする(写真は宝探しをしているところ、なぜか彼女が宝探しするよーって言うと
子どもたち全員がついてきて
そして最後の折り紙の動物と言う景品は子どもたちが取り合いをするほど)
f0203788_224554.jpg

・音楽を流してとめて遊び(これは全員がベットの上でABBAで踊り狂っていましたので
迎えに来たパパさんたちがこれまた全員動画を撮っていておもしろかったな)
f0203788_282897.jpg

プレゼントのほかにベンジャミンが持ってきてくれたバラ♪
花束抱えるよりもバラ1本っておしゃれ度が高い感じがします
すべてにどうもありがとう
f0203788_2332749.jpg

主役でないのに1日中タキシードを脱がなかった人
なぜ?
[PR]
by merumemo | 2010-05-30 01:13 | 森の幼稚園だった子どもたち

6才の男の子へのプレゼント

最初の子どもが女の子だったので
6才くらいの男の子へのプレゼントってなにがいいのか全く想像がつきませんでした
ですので記録のために
まずは
f0203788_0185744.jpg
ワールドカップ直前なので
出回っているドイツグッズ
とりあえずサッカーユニフォームとマフラーとドイツ国旗♪
この国旗は翌日の誕生会で友達を迎えるために家の前で振るのに使っていました
f0203788_0231362.jpg
これが彼の一番楽しみにしていたものかも!
子ども用のナイフ
幼稚園で使っているものと同じものの色違い
これは小さい弟への気遣いと安全の注意とともに
f0203788_8423887.jpg
もうこれは何本目でしょう?
日本の幼稚園が芝生にトンボが飛びまわる園庭でしたので
必需品だった子ども用の虫取りアミ
日本に置いてきたおもちゃでしつこく、今でもしつこく持ってきてほしかった~を繰り返していたのが
虫取りアミだったもので
f0203788_8452497.jpg
こちらは大切な友達からの
逸品!?
夫もおもちゃやけど、おもちゃやけどよく出来ているな~と唸っていました
森の幼稚園の息子のために選んでくれたもの
レゴカメラをお子様に持たせているのも彼女
でも大人気のレゴカメラ
ドイツでも現在品切れ中です
f0203788_848404.jpg
そして日本語版も持っていますが
この本よく出来ています
一つの内容が詳しく乗っていてときどき透明のシートになっていて内部が見える仕組みになっていておもしろいです
今回は息子の好きな飛行機と島のドイツ版
f0203788_8553749.jpg
同じく飛行機の絵本は
「りさひこうきにのる」ですが
りさはNinaなんだ♪
f0203788_925199.jpg
そして息子の好きなリンドグレーンさん
まだ続きます(笑)
f0203788_963042.jpg

(言い訳)当初翌日の誕生会にはプレゼントはなしで!というつもりだったので
ドイツで買いたいものを今回買い集めてしまった、かな?
そして渡独以来おもちゃやに行くたびに欲しかった(私が?)木のショベルカー
ははは
f0203788_9124416.jpg
そして最初は1台だったのに
もうえいや!と息子たちの大好きな「連結~」も買ってしまいました
ああ・・
ドイツでは家庭でレゴ以外のおもちゃを与えないと決めていたのに~
自分で破ってしまいました

ははは

けれども今回の誕生日の一番!は
翌日のドイツの幼稚園の友達を招いての誕生会!
さてさてその報告はまた
[PR]
by merumemo | 2010-05-29 08:09 | 森の幼稚園だった子どもたち

息子の6才

f0203788_7494958.jpg
息子の6回目の誕生日
Happpy Birthday
HERZLICHE GLUCKWUNSCH
こころをこめてお祝いします

今週の彼の話題は「歯が抜けるかどうか」でした
おねえちゃんは自分は5才で歯が抜けたと自慢するし
(正確には5才と364日でしたけど)
Frisoのおねえちゃんは4才で抜けたとかいろいろ聞いてきて
ボクは6才になるのにまだだということを彼なりに気にしていたようでした
f0203788_15471892.jpg
誕生日にお父さん出張だったので
プレゼントをあけたり、ろうそくを消したりを長く待ちました
けれどもその甲斐あって
遅い夕食のときにはシュパーゲルが噛み切れない
固いよ、このシュパーゲル!
と言ったら
あれれ?
下の歯がぐらぐら揺れている!
わーほんとに6才になったら歯って抜けるようになっているのだね
f0203788_1556575.jpg

ふふふ
初めての歯が抜けるという体験に
寝ているとき抜けたらどうしよう、とか少しドキドキです

でもお母さんとしては
歯は時がくると抜けるけれど
この日遊びに来てくれた友達たちに自分の大切なおもちゃを
気持ちよく、進んで貸すことの出来た成長の方が嬉しかったんだよ
さすが6才だね
f0203788_18325096.jpg

カメラを向けるとこんな顔しちゃう恥ずかしがりやですが
おめでとう!
[PR]
by merumemo | 2010-05-29 07:45 | 森の幼稚園だった子どもたち

ガレットの店

ハンブルグ市街地なのに
ちょっと違う雰囲気のエリア
f0203788_20184989.jpg
ミニチュアワンダーランドの帰りには是非ガレットを食べに
って月に1回くらい私は食べたくなるんですけど
f0203788_20212387.jpg
おかずのガレットとデザートのガレット
f0203788_20224971.jpg
それにランチのセットなのにシードルまでついてきて
うれしい♪
こんなに食べたいのだから南仏に行きたい!
f0203788_2024416.jpg
これが平日15時までのセットです
ちょっとお得
f0203788_20253937.jpg
階下の制服のお姉さんは船乗りのお姉さんかな?
こんな彼女に会えるのも港町ならでは
[PR]
by merumemo | 2010-05-28 20:17 | ハンブルグ案内

汽車の? kawaii

見て見てください
ミニチュアワンダーランドのお土産!
f0203788_457249.jpg
ミニチュアのかわいさにおされて
けっこう買ってしまった
どこにでも売っているやん、といえばその通りなミニカーとか
ハンブルグ土産とか

こちらがドイツ!なんでもマカロニにしちゃう第?弾になるでしょう?
クリスマスマカロニに
馬マカロニに
イースターマカロニに
お花のマカロニに
音符のマカロニ
f0203788_5013100.jpg
ははは
汽車のマカロニ!!
f0203788_55846.jpg
つなげて連結して遊べちゃうじゃないですか!
これはずっとゆでることのできないマカロニになるな

そうそうどうしてもミニチュアワンダーランドに実際には行けないという方は
この映像がとってもよくできていましたので
こちらでどうぞ!
ドイツ語ですけど言葉は関係ないすごさですよ
[PR]
by merumemo | 2010-05-28 04:50 | ハンブルグ案内

Miniatur-Wunderland

一度Miniatur-Wunderlandを体験してしまった私はこれからは
ハンブルグに来られたら方は必ず行ってくださいって紹介してしまうかも!しれません
f0203788_5543191.jpg

鉄道好きの双子の兄弟が作った世界最大級の模型館なんて
ちっとも行ってみたいと思いませんでした
ですので家族や友達が行ったときも別行動したりしていましたが
Miniatur-Wunderlandから帰ってきた人たちは老いも若きも誰も彼もがいい顔で帰ってきて
揃っておもしろかったー!!って言うのです
f0203788_6111697.jpg
実際に行ってみて
その謎がよくわかりました
実際のいろんなものを小さく作っただけと言えばその通りなのですが
好きなものを楽しんで楽しんで情熱と愛とお金もを注ぎ込んで作られた世界は
老若男女を問わず誰もを魅了してしまうんだなあ
f0203788_616569.jpg
だから平日、昼間でも予約が必要なほど
でも老若といっても大人の方が圧倒的に多い感じでした(笑)
f0203788_6202012.jpg
理系な夫とその友達がこちらに行って半日帰ってこなかった理由は
鉄道が制御されているのはわかる、
でも車がいろんな方向に走っているのがわからない!っていうので
大人二人がその仕組みの謎のためにかじりついて帰ってこなかったのでした
こちらは朝、街で火事が起きて煙があがって消防車がいっぱい集まってきます
f0203788_6241942.jpg
館内は20分ごとに24時間が表現されているので
もう1日(20分)待ってまた朝が来て火事が起きるのを待っているとまた違う場所
今度はこの宮殿で火事が起きるという
こちらの予想を超える芸の細かさなんです
f0203788_6291910.jpg
消防車だけでもこれ以上の品ぞろえなのでもう細かく見ていくと疲れちゃうくらい
フィギュアの緻密さ、精巧さだけでなく
見逃せないかわいさとユーモアが満載で
アルプスの山には
f0203788_6313175.jpg

まあ、ハイジが!ペーターが!クララが!おじいさんも!!
f0203788_63311100.jpg
北欧の街角には長靴下のピッピも!!
f0203788_6372783.jpg
あらあら馬車の馬は糞をしていたり
f0203788_6383813.jpg
サンタさんもお出かけです
これらのも20分ごとに夜が来るとライトアップしたり
家に明かりがともったり
f0203788_6403340.jpg
だからハンブルガードームも夜のライトアップした感じも素敵だったな
f0203788_6461451.jpg
ドイツのマルクト(市場)には大好きないちごスタンドも!
そして絶対に逃してはいけないのはスイスのチョコレート工場
f0203788_6471320.jpg

ミニチュアワンダーランドには100以上の操作できるボタンがあるのですが
f0203788_6504156.jpg
このリンツのチョコレート工場のボタンを押すとなんとこのラインで作られている本物のチョコレートが出てきます
f0203788_6533320.jpg
うちの息子にその大切なボタンを教えてくれたのはこのスタッフのおじさん
(ちょうど夜の時間になったので怖い写真になりましたが)
どうもありがとう!
f0203788_656582.jpg
そしてここがあるから1日中過ごせてしまう館内のカフェの座席はこんな
どこまでも喜ばせてくれます
f0203788_6573363.jpg
子どもたち向けのカフェも
たっぷり時間をとって満喫してほしいミニチュアワンダーランドでした
ここは写真もビデオもどんどん撮ってください!
記録に残してください!って場所なので
ビデオもカメラも忘れずに!

どうしてもドイツに来られない方のためには
http://www.zdf.de/ZDFmediathek/beitrag/video/758926/Europa-und-die-Welt-in-zwei-Stunden#/beitrag/video/758926/Europa-und-die-Welt-in-zwei-Stunden
で味わってみてくださいね
[PR]
by merumemo | 2010-05-27 05:51 | ハンブルグ案内

自転車の日

森の幼稚園の先生方も
いろんな企画を思いつかれるなあ~と思うのですが
今日は「自転車の日」でした
f0203788_4484113.jpg

ドイツの子どもたちは
サドルのない自転車をビュンビュン小さいうちから飛ばしているのですが
今日はちゃんとした自転車に乗れる5人の男の子たち
彼らと2人の先生で他のみんなは残して前に行った遠足の場所よりも遠くまで
自転車乗ってお出かけ

ちゃっかりカフェでアイスも買ってもらうおまけつきで
お兄ちゃんたちにはもちろんとっても楽しい日だったようです

そして小さい子たちにも
自分たちも早く自転車に乗れるようになるといいなあと思わせる効果も
案の定、我が家の下の息子も(足届かないくせに)
お兄ちゃんの自転車に乗ろうとしています
(乗れたらアイスを買ってもらえると思っているのかしら?)
f0203788_4563415.jpg

[PR]
by merumemo | 2010-05-26 04:46 | 森の幼稚園だった子どもたち