<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月は、去ぬ

1月最後の日
この冬一番冷え込んで
25年ぶりの寒い冬が確定したそうな
f0203788_19141022.jpg
まあ、確かに寒かったんですけど
日本の太平洋側の冬は
たっぷり日差しと青空があるので平気だった感じ
f0203788_19153435.jpg
こんなに寒くても
ちゃんと咲いてくれる梅の花
これで季節は平気で春を待てるのですが・・・

息子への春は・・ちょっと遠いかなあ

この頃は口のへらない子たちを目の前にして
まったく殺意すら、覚えてきました

「○○くんなんかいなくなっちゃえー」って
合唱している子たち

それを見ても止めない親

言われているのが自分の子でないからと見て見ぬふりの親

f0203788_19251312.jpg

思わぬところで再会した息子の最初の幼稚園での友達

2年前 彼は快活で幼稚園には一番に来て
すべてのクラスメイトを教室の前で迎えるリーダーみたいな子だったと
息子に毎日教室の前で声をかけてもらったから
楽しく幼稚園に行けたという話しを改めて聞きました

その子は今、ずっとうつむいて幼稚園に通っています

これを我慢して耐えること

親としての修行なのかなあ
[PR]
by merumemo | 2011-01-31 19:00 | 毎日のこと

和敬清寂

現代の日本人でどれくらいがこの言葉を知っているんでしょう?

今日はこれを学びに伺った日
f0203788_18353416.jpg

実は娘のお茶のお稽古だったのですが
付き添った母親も2時間
みっちりお稽古させていただきました

f0203788_1839243.jpg
3つのお辞儀の仕方
真、行、草

襖の開け方閉め方

途中で自分がヨメに来る前にお茶のお稽古に行っていたことを
思い出しました(笑)

f0203788_18433237.jpg
お正月のしつらえで
お香もうさぎ
お菓子もうさぎで
「かわいい♪写真撮りたい♪♪」と声をあげたのは娘でした

あかん、私の病気が移っている
ほんとに写真を撮りたかった・・
この頃写真を撮りたい衝動を我慢できない
けれどもお茶室にはいるときは腕時計もできれば外して下さい、でしたので
カメラは無理だなあ
1年間専属カメラマンとして付いて
四季のお菓子の写真を撮らせていただきたいくらいだわ

f0203788_18494661.jpg
付き添いのお母様と
こんなことしたの結納の日以来だねえと話していました
娘たちの世代どころか
今でももう結納などというものは省略している時代

堅苦しいのではなく合理的な世界
次の世代にも引き継いでいきたいなあと思いました
[PR]
by merumemo | 2011-01-30 18:26 | 小学校のむすめのこと

ゆっくりお昼ごはん

ちょっと背伸びのお昼ごはん
f0203788_14524452.jpg
今日は子どもも一緒です(笑)
うちの子たち関心は「食」のみ!なんで

まあどんなお店でもまあちゃんとしていられるんです
だから美味しいものが順番に出てこれば大丈夫

あらかじめ子ども連れであることを伝えて予約しておいたので
f0203788_14535364.jpg
カトラリーもこんなかわいいセットで♪

ドイツで買ってこればよかったなあと思ったものの一つが
こういう子供用のカトラリーのセットですが
まあ大人用も必要な場面は今のところ無いのですが
f0203788_14554342.jpg
好物キムチ、の子ですので
お店の人もびっくりの辛辛ペペロンチーノを
ペロリ♪

f0203788_14574630.jpg
(このスプーン欲しい・・)まあ、ちょっとしんどいことの多い1週間でしたので
リフレッシュできたかな

f0203788_14591273.jpg
お店の方々も大絶賛?!のお行儀のいい子どもたちだったのですが
(美味しいもの与えたときだけ、ね)
なぜかデザートが終わったころには3人とも靴を脱いでいて
支配人さんに靴を履かせてもらう、なんて結果に
次回は足下もきっちりと固めて伺います;
[PR]
by merumemo | 2011-01-29 14:51 | 毎日のこと

あかいいと

美しい少年の指には
f0203788_19245836.jpg
赤い糸

I Love・・・

あれ?運命の赤い糸って
この指でしたっけ?
なにわともあれ
かわいいカードと出会ってしまいました!

f0203788_19255787.jpg
またまたあれれ?
並べてみても
微妙に繋がらない

でもそれもいいかな

f0203788_19281415.jpg
息子と娘に赤い糸を結びたいとどちらも思っているお宅には
春に赤ちゃんが来てくれるんですって!
男の子だったら我が家と同じ組み合わせになるんだ

こんな感じ

このポストカードたち

ヨーロッパな雰囲気かと思いきや
f0203788_1930162.jpg
日本人の作家さんのもの
藤本将さん
これはその人の絵による絵本の表紙のカード

出会ったお店には
藤本将さんによる
手作りの木の鞄!もあってとってもかわいいかった♪
f0203788_193354100.jpg
どう?
他にも私の必需品
帽子の形のやカメラ!のも!!
木なのに軽くて丈夫♪
いいかも!ちょっと勇気のいる値段ですけど
[PR]
by merumemo | 2011-01-28 19:23 | 毎日のこと

オナカの大きな王子さま

夫が息子の歌として冠を与えました

小椋佳さん作詞です
f0203788_17445100.jpg
オナカの大きな王子さま
白いお洋服がやぶれそうだよ
金のボタンもとれそうだよ

魔法使いが持ってきた
空飛ぶじゅうたんに乗りたいな
空より高くとびたいな

こんなに大きなオナカでは
空飛ぶじゅうたんはとばないかな
今夜のごちそうやめとこうかな
今日はペルシャと中国の
とってもおいしいお料理だってさあ

ちょっとだけなら食べようかな

オナカの大きな王子さま
いつまでたっても食べてるんだね
お料理ぜんぶなくなりそうだよ

我が家のオナカの大きな王子様は
半ズボンが好きなんです
[PR]
by merumemo | 2011-01-27 17:40 | 森の幼稚園だった子どもたち

オリーブオイルのシフォンケーキ

皆から買い物の順序を間違っている!
とつっこまれたのは
帰ってから包丁や鍋もない暮らしなのに先にシフォンケーキの型を買ったこと

それからせっせとシフォンケーキを焼き続けています

f0203788_17174337.jpg
もうシフォンケーキは自家製でかなり満足していたのですが

やっぱり世の中美味しいものいっぱいです

こちら有元葉子さんのお店Olivebar

ちょうどドルチェの時間に訪れたので
一押しは
f0203788_17194295.jpg
マルフーガのオリーブオイルのシフォンケーキ

ドイツのケーキを思い出させるほどのカットの大きさに加えて
これに、オリーブオイルをかけて食べて下さいって

シフォンケーキに、オリーブオイル???

これが、また、すっきり合いました!
さっぱり美味しかった♪

f0203788_17222848.jpg
それもその筈
オリーブオイルにこだわった有元さんがこの店で使っているのは
イタリアのマルフーガの選ばれたオリーブオイル♪
お店に置いてあったのは中には500ml 6825円なんてお品も!

わー!もっとふんだんにかけさせてもらえばよかった!?

そしてこちらのお店
お昼から是非とスパークリングワインなんて薦めていただける
いいお店だったりします

またお伺いしたいなあ
[PR]
by merumemo | 2011-01-26 17:12 | 毎日のこと

「まけるなしんちゃん」

阪神淡路大震災の日、
娘の学校の宿題の一つは「地震のニュースを見る」と言うことだったのですが
早起きして地震の時刻の番組以外は
地元でも満足なほど報道されませんでした

年々報道される枠は少なくなってきています

そんななか彼女が学校から借りてきた本
f0203788_20441137.jpg
現場から伝える東海林のり子さん
あの日もすぐに飛行機で飛んで
その日のうちに被災地に立っておられたのですね

毛布にくるまれて道に置かれているご遺体のある
あの光景の中に
よそものとしてたっておられたんだ

私もその街を
名前の書いてる紙が置いてあるご遺体とないご遺体とがある道を
自転車で走りました
カゴにまだ商品のあった大阪のコンビニで買ったパンをいっぱいつめて

日本一?現場におられたかもしれないレポーターさんが
よそ者と感じて使えなかった避難所のトイレ
そこから始まって被災者に寄り添った時間の記録で
小学生にも読みやすいようにルビが添えてあります

そして主役でもあるしんちゃんは9才で被災しました

震災で亡くなった子どもは約100人
怪我をした子どももおとうさんおかあさんを亡くした子どももまだまだいっぱいいます
その子たち一人一人に
本1冊でも足りないくらいの物語がある

どなたでもいい・・
もっともっと伝えて

できるだけ励ましや応援を
ずっとつづけていきましょう
心の中で〝被災地の人たちがんばって、くじけないで〟と祈るだけだっていいのです
[PR]
by merumemo | 2011-01-25 20:41 | 毎日のこと

「ねずみくんのきもち」

子どもの頃誰もが読んだであろう
f0203788_15115549.jpg
このねずみくんシリーズ
ほんとにたくさんのシリーズが出ているのですね
久しぶりに手にとってみると

新しく2007年に
f0203788_1518204.jpg
「ねずみくんのきもち」なるものが出ていました

いっぱい子どもたちとその親に語りかけてくれた
このご夫婦が21世紀に伝えたかったもの
他のシリーズと違って厚い?です

小さくて おくびょうで しっぱいばかりの ねずみくんに
ふくろうさんが おしえてくれた
いちばんたいせつなもの

じぶんのことではなく
あいてのことを思うことが たいせつなんだよ

ねずみくんのように あいてのことを 思ってあげることができれば
いじわるしたり ひとをこまらせたりすることが なくなるんだけれどね

よく考えてみれば
じぶんがひとりで生きているのではないことに 気づくはずなんだ
みんなが たすけあって生きなくてはならないことが わかるなずなんだ

心は 目では見えないんだよ
そう 心は感じるものなんだよ
だから 心のないものは ほかのものをいじめたり
めいわくをかけても なにも感じないということさ

おたがいに ちがうものをもっているから いいんだよ
ちがうことは すばらしいことなんだ

かなり熱くて厚いです

「思いやり」は
感謝、謙虚、愛情、慈悲、羞恥、そして誇りのことだと思います
なぜならこれらは想像力を必要とするから
わたしたち人間に今一番欠けていることでは

と、どうもありがとう☆

で、我が家の4才は
「一番大切なのは鍵だよね?ママ!」
「そしてその次はお金?で、絵本も大事!あとママとセロテープもね!」だそうな
[PR]
by merumemo | 2011-01-24 15:08 | 森の幼稚園だった子どもたち

250円の夕食

とっても考えさせられました、私

丁寧に仕事をするって
丁寧に生活をするって大切だと感じさせてもらう幸せなお昼を食べた日なのに

とても夕食が作れなくて
知人宅から大人2人子ども4人で行ったファーストフード店
多分私と知人がこんなお店を利用するのは10年に1回
f0203788_21443139.jpg
ファーストフード初心者な私たちは持っていなかったのですが
クーポンを持っているとこんな長崎ちゃんめんが390円で食べられちゃいます
しかも倍の大盛りにしても値段変わらず
ということなので大盛りにしてもらいました

500円のちゃんめんを3つ頼んで分けて食べたので
1人前250円の夕食

安くて、簡単で、お腹いっぱいになって、
これが夕食

いいのかな、日本人!

街道沿いにはいっぱいそういうファーストフード店が嫌と言うほどあって
週末ともなればそれがどこも大賑わい

我が家は娘のアレルギーもあってその賑わいとは縁のない暮らしをしてきましたが
こんな食事を重ねている日本人がいっぱいいるんだなあと

病院はそのときの症状を治すだけの所になっているので
体全体を、または将来の病気を予防してくれる病院はありません

となると家族を守れるのは家庭だけなのになあ

結局大喰らいの筈の我が子がほとんどちゃんめんに手をつけませんでしたので
私がさらえておそらく3人前くらいは食べたと思います

250円で学習させていただきました
とりあえず向こう10年はこのような店には行かないなあと思った夕食でした
[PR]
by merumemo | 2011-01-23 21:40 | 毎日のこと

神戸の懐石料理 oishii

月に1回くらいこんな日を持てたらなあ
いつもご機嫌な私でいられるかもしれません

久しぶりに友達とご飯♪
選んだ店は昨年のミシュランで
震災を乗り越えて☆一つ、を獲得されたお店
f0203788_2134238.jpg
元町商店街を西へぐんぐん歩いて
刃物やさんの細い道を入ったところ、という
夜にどなたかに連れてきてもらったら
ここは一体どこ?というような立地にあります

私にはミシュランとはいったいなんぞかもわかりませんが
こんな地味な立地ででもきちんとした仕事をなさっているお店に
光をあててくださってそれは有り難いなあと思います

f0203788_2165814.jpg
そしてなんともまあ
一流の懐石料理を
お昼だったらこんな価格で楽しませてくださいます

f0203788_2110199.jpg
まずは先付け
蕪が、どうやったらこんな風に包丁が入るの?
という職人技

そしてお刺身に付いていた褄の細工包丁
f0203788_21132356.jpg
これ、根のところが
なんて言ったらいいのでしょう
お花みたいになっていました
f0203788_2115646.jpg
なんだかこんなお店に行って刺身の褄に喜んでいる私って、という気もしますが

西洋料理よりもずっとずっと芸術性と職人性が高いように思える
日本料理
それのいいところをたっぷり味わせていただいて幸せです

そしてお隣はデンマーク人を接待されているお客様でしたが
☆を獲得した後も変わらす
おそらく昔からひいきにされているのであろう
ご年配の一人客がカウンターでゆっくりお食事をされている姿をみて
改めていいお店だなあと思いました
f0203788_21224944.jpg
なにも言わなくてもお顔で「天ぷらですね」と言ってもらえる
あー!そんな年を重ねてみたいわ♪

当たり前にご飯の一粒一粒
お漬け物に至るまで完璧に美味しくて
そして器も本物に美しくて

f0203788_21251857.jpg

デザートの時に入れ替えて下さったお茶までもが
また美味しくて
しばらくはこの美味しい口を汚したくない気持ちがしましたもの

ご馳走様でした
ふらっとカウンターに一人で座れる大人にもなりたいのですが
今は友と語る時間も私にとって大切なもの
また来月もどこか行こうね♪

それにしてもふとこの店の名で検索してみると、
なんとこちら求人案内が出ているではないですか!
私に時間が合えば是非働かせていただきたい!!
そして美味しい賄いを毎日いただきたい(笑)
[PR]
by merumemo | 2011-01-22 20:55 | 毎日のこと